たるみ治療でハリがアップする|クリニック選びは慎重に

医者

きれいな目元を作る

女の人

目の下のたるみは、目の周りの筋力が衰えて脂肪部分が前に出ることで起こったり、目の下の水分が減少することでハリが失われることで起こったりします。なので、目の下のたるみを予防するには、目の下の筋力を衰えないようにすることや目の周りに潤いを補うことが大切になってきます。そのために、マッサージを定期的に行ったり、保湿クリームをこまめに塗ったりします。目の下にたるみが出てきてしまったら、他の人から見て老けて見えてしまいますし、不健康にも見えてしまいます。悩みを抱える人には、目の下のたるみを取る整形手術もおススメです。重度のたるみにはメスを用いて皮膚を切る必要もありますが、軽度のものならまぶたの裏側にレーザーメスを用いるので傷口が目立つこともありません。

軽度のたるみなら、1時間程度のレーザーメスで脂肪を取り出せ、1週間程度で通常にメイクも出来ます。皮膚が余るほどの重度のたるみは、脂肪とともに皮膚も切り取ります。2日くらいはテープや糸で固定させておく必要があります。1週間程度で抜糸をして、それからメイクも可能になります。なので、1週間は仕事を休む必要があります。また、痛みも3か月程度残ります。目の下のたるみが脂肪が原因ではなく、水分が不足することによってハリが失われた状態の場合、ヒアルロン酸を注入してぷっくりさせることも効果的です。ただ、この場合はヒアルロン酸を入れる量によっては不自然な仕上がりになってしまうので注意が必要です。また、ヒアルロン酸は体に吸収されるので、定期的な注入が必要になります。